規格書をきちんと守った食品は安全品質

規格書をきちんと守った食品は安全品質

有名ブランド牛に安い国産牛を混ぜて販売していたと報道されましたが、規格書もなにもあったものではありません。規格書には食品の安全基準を守るような様々な規定が設けられていて、私たち一般消費者も安心して食品が食べれるように信頼の証を守っていく必要があります。食品規格書の規格にはどんな餌を与えたどんな生産者が育てている牛を加工したものがブランド牛になり得るわけですので、その規格書を欺く、消費者を欺くような行為は決して許されるものではありません。偽ブランドは牛肉だけでなく、ファッション業界でも知られていますが、伝統ある職人の技を見かけだけ真似をして販売する行為は禁止さている事は皆さんも良くご存知の事でしょう。