ビットコインとは何か?

ビットコインとは何か?

ビットコインという名前は、最近よく聞くようになりましたが、それがどういった物かは一般の人間にはピンと来ないかもしれません。
それは仮想通貨という物で、発行する組織が存在するわけではなく、管理者がいるわけではありません。
私たちにとっては非常に分かりにくいものです。
日本円などの通貨と比較してしまうので、逆に意味が不鮮明になっているのでしょう。
ビットコインとは一言で表すと、価値の決済機能です。
国が保証する通貨とは違いますが、それを介して商業的な取引や決済、それに交換が可能になります。
つまり貨幣としての機能があるということです。
このような画期的な決済方法が生まれたのは、暗号技術と計算機技術の発展、それにインターネットによるグローバルな情報ネットワークの整備が行われたからです。
手に入れる方法としては、ネット上の取引所で行うのが一番簡単な方法でしょう。
口座を作るのに運転免許証などの自分を証明するIDが必要になりますが、ネットバンクと同じような感覚で口座を開設して自由に入手、決済することができます。
ビットコインは買い物に使うこともできるし、貯めておくこともできます。
電子マネーと違って、現金化することもできますし、他人に譲渡することもできます。
非常に使い勝手の良い貨幣と言うことができます。