海外で卵子提供ができます

海外で卵子提供ができます

女性であっても病気などによって卵巣を摘出したりすることがあります。
そのために、子供をあきらめなくてはならないこともあります。
しかし、自分の卵巣がなくても決して子供ができないわけではありません。
すでに、子供を望めないと思っている人もまだあきらめないでください。
海外には、卵子提供という方法で子供を授かった女性はたくさんいます。
実は、日本人女性もこの制度を利用した人は大勢います。
海外で行いますので、外国人の卵子を提供されると思われるかもしれません。
日本人女性がドナーとなってくれるので日本人が良いと思っている人も利用できます。
しかも、着床前診断が行われたり、男女の産み分けもできるので、どうしても男の子が欲しい人や女の子でなくてはと思っている人も利用しやすいのではないでしょうか。
最高水準ということもあってか、妊娠する確率はとても高いです。
日本人女性の若い卵子を利用することもあるのかもしれません。
海外へ行かなくてはならないので、うまくスケジュールを合わせる必要はあります。
検査や妊娠しているかどうかの判定など多くは日本で行われます。
夫婦でよく相談した上で、卵子提供をするかしないかを考えてみませんか。