口元のしまりをよくしたいならば顎にプロテーゼ

口元のしまりをよくしたいならば顎にプロテーゼ

美容整形外科で行っている施術にプロテーゼと言うものがあります。
これはシリコン素材の人工軟骨のことですが、これまでは鼻に入れて、鼻を多角する手術に使われていました。
しかし、鼻部分以外にも顎にも使用されることがあります。
よく太っていないのに顎がモッタリと二重になっていたり、小さかったりして、フェイスラインがぼやっとした印象であったり、口元のしまりがいまひとつのように見える方がいますが、こういった方々の施術に最適なのがこのプロテーゼです。
患者さん一人一人に合ったものを作成して口の内側を切開して挿入することによりぴったりとフィットしますシャープなフェイスラインになると立体的な輪郭になり、顔のバランスが良くなるのでおのずとお顔全体が綺麗になっていきます。
また目の錯覚からか、顔が小さくなったようにも見えるので得です。
口元がしまりのないように見えていた方でもプロテーゼを顎に入れることによって、口のしまりも良くなり、好印象になりますので人と会ってお話をしたりすることが楽しく感じられるようになるでしょう。
自分にあったものを装着することによって、ずれや骨吸収されることもありません。
また美容整形の高い技術によって手術の跡が見えると言うこともありませんから安心です。