交通事故の被害者になったらまずは弁護士に相談する事

交通事故の被害者になったらまずは弁護士に相談する事

交通事故というものはある程度の注意を払う事で逃れる事も出来るでしょうが、場合によっては避けるに避けられずに交通事故に巻き込まれてしまい、後遺障害となってしまう事があります。
後遺障害というのは例えば首・頭、あるいは脊髄等にダメージを受けてしまい、これから将来に渡って改善する見込みが無いとみなされ、継続して治療を受け続けなければならない状態を指します。
その様な場合、加害者側が契約している自動車保険会社の担当者が安い示談金を提案してくるかも知れませんが、大切な事は弁護士に相談してからにするという事を相手に伝え、安請け合いしてはなりません。
そして当該の障害の認定は後遺障害診断書やX線写真等の書類を、損害保険料率算出機構自賠責損害調査事務所という機関に提出する必要があります。
その機関で、被害者当人が軽症の1級から最も症状が重いとされる14級までの何れかの等級かが認定、あるいは非認定される事になっているのです。
しかし後遺障害診断書等に法的な、あるいは医学的な説明が不十分であったり、適切性を欠いていたりすると認定されない事があります。
その様な事があった場合では、法律では後遺障害の異議申立が出来る事になっているので、まだ諦める必要はありません。
適切な後遺障害認定をして貰う為の書類作成を、親族等で行うよりも弁護士に依頼する方が良いでしょう。

http://baishoukin.com/

但し、何処の弁護士事務所でも良い訳では無く、医学にも精通した弁護士に依頼する事が大切です。
そうすれば、予想よりも多くの示談金を受け取れるでしょう。