やわらか過ぎる敷布団と疲労・腰痛の関係

やわらか過ぎる敷布団と疲労・腰痛の関係

極端にやわらかい敷布団で睡眠をとっていることは、腰の健康にとっては悪影響でしかありません。
モットンジャパンのモットンのように、適度な硬さがあるマットレスで睡眠をとったほうが良いでしょう。
この製品をおすすめするのは、ナチュラルでスムーズな寝返りを打てるようになるサポートをしてくれるというのが主な理由のひとつです。

過度にやわらかい敷布団がますいのは、眠っているとき腰と胸に体重のほとんどが集中してかかります。
敷布団が極端にやわらかければ、敷布団に腰が深く沈み込むことで、腰に多大な負担がかかり、腰や肩まわりの筋肉にこわばりが生じます。
そしてこれによって筋力がもたず、不要な寝返りを打ってしまう回数が多くなり、眠りが浅く、疲労や倦怠感を伴うようになってしまうのです。

そのほか、極端にやわらかい敷布団での睡眠は、腰が沈み込むことで寝返りを打つときの頭と腰の回転速度が異なるため、首や腰にねじれが生じ、腰がダメージを負ってしまいます。
深い睡眠を得ることができず、次の日に疲労や倦怠感が残る、腰痛がツライという人は、ナチュラルで円滑な寝返りを打つことができる、ちょうどいい硬さを持った敷布団の使用に切り替えることをおすすめします。